招待客の交通費と宿泊費

招待客の交通費と宿泊費

招待客の交通費と宿泊費

海外ウエディングは国内ウエディングに比べると費用は嵩みますし、招待客への対応に追われることは覚悟しておかなければいけません。
新郎、新婦それぞれが海外ウエディングを成功させよう、という強い気持ちが無ければいけませんね。

 

挙式当日まで決めなければいけないことは幾つもありますが、まずは招待客のリストアップを作成する必要があります。
親族のみでするのか、それとも友人たちも招待するのか、きっと悩みどころだと思います。
招待客の人数によって教会も決まってくるので、リストアップは1番最初にやっておくと便利かもしれません。
ここで1つ疑問に感じる事があるのではないでしょうか。
それは、招待客の交通費や宿泊費の負担をどうするか、です。
海外ウエディングをしたいと言っているのは新郎新婦なのだから、負担してもらわなくては困ると思う人もいるかもしれません。
確かにその良い分も分かります。
おめでたい結婚式。
円満に済む為にも交通費や宿泊費をどうするのか、きちんと考えるようにしましょう。

 

出来れば交通費も宿泊費も負担したいところですが、それでは挙式どころではなくなってしまいます。
最も多いのは交通費や宿泊費は自己負担してもらうけれど、ご祝儀は受け取らないスタイルです。
これならお互い最低限の出費で抑えられそうですし、招待しやすくなります。
他にも親孝行をしたいということで、自分たちの両親分は新郎新婦が支払うケースもよくあります。
まずは交通費と宿泊費はどこまで負担すれば良いのか、この点に関してはきちんと報告するようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ