帰国後パーティ  

帰国後パーティ

帰国後パーティ  

海外ウエディングやリゾートウエディング後、ウエディングに参列されなかった親戚や友人たちへのお披露目はどんなスタイルでしたらいいのでしょうか。フォーマルからカジュアルまでどのようなスタイルで行うかをまず決めましょう。

 

 

 

まず、フォーマルな雰囲気で行う『披露宴スタイル』。いわゆる一般的な国内の披露宴と同じように、しっかりとしたゲストへのおもてなしをしたいカップルにおすすめです。お料理は着席してコースで振舞い、通常の結婚式と同様にご祝儀制をとるケースとなります。『披露宴スタイル』で行う場合は、出欠確認の招待状を送り、席順とかもしっかり行いましょう。親族中心の『披露宴スタイル』を実施後に友人中心の『2次会スタイル』を行うのも国内での結婚式+披露宴と同じパターンで行えばよいでしょう。実施する会場はホテル・結婚式場・ゲストハウス・レストラン等で、招待形式はご祝儀制となり、 ゲストに家族・親族のほか、会社の上司など目上の方やご年配の方が含まれるパーティ形式となります。

 

 

 

次にセミフォーマルな雰囲気で行う『1.5次会スタイル』。友人中心で行うケースが多いものの、シックで落ち着いた会場や着席スタイルであれば会社の上司を招待しても良いでしょう。招待形式はご祝儀制、会費制いずれでもよいのですが、どちらかといえば会費制が多い傾向です。会場・お料理のグレードや着席か立食かによって金額が大きく変わるので、会場のプランナーともよく相談して決めましょう。ご祝儀制にする場合は、正式な招待状を送り、フォーマル寄りのパーティであることを明記しましょう。

 

 

 

あともう一つ、カジュアルな雰囲気で行う『2次会スタイル』。気の置けない友人たちを中心に和気あいあいと楽しみ、余興もカジュアルなパーティとなります。親族や会社関係を招待して『披露宴スタイル』を実施した後に雰囲気を変えて『2次会スタイル』を楽しむケースも増えています。招待形式は会費制で、立食ビュッフェ形式にするのが一般的です。実施会場はレストラン・パーティスペース・カフェなどです。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ