QandA    その9

QandA    その9

QandA    その9

25, 挙式前に打ち合わせ時間はありますか?

 

 

 

細かい打ち合わせは、挙式前日が一般的です。基本的に、現地到着日(または翌日)に手配会社のブライダルサロン、または提携サロンにてスタッフとの打ち合わせがあります。そこで、挙式当日のスケジュールを具体的に細かく説明してもらったあと、追加したいオプショナルの申し込みを行います。現地でレンタルドレスをする場合は、衣装選び、メイクの確認などを同時に行います。挙式当日には、式場によっては教会到着後に簡単な挙式リハーサルがあるところもあります。

 

 

 

こちらは思っていたより短い場合もありますので、予めどれくらいリハーサル時間をとってくれるのか聞いておいた方が安心かもしれません。このリハーサルは日本語あるいは通訳付で行われます。リハーサルなしの場合もあるので、予め確認をしてください。いずれにしろ、言ってみれば流れ作業的なところもあり、忘れ物をせずに予約通りの衣裳を身に着け、時間通りに式場に着きさえすれば、あとは手配会社のスタッフが式を完璧に演出してくれます。手配会社のスタッフはプロなのですから。

 

 

 

26, 挙式の関係者にチップは渡した方がいいのでしょうか?

 

当日お世話になる方々に感謝の気持ちを込めて、$10〜20を目安にチップを渡しましょう。ヘアメイクへは$20前後を準備開始前に気持ちを込めて、ドライバーへは教会到着時に感謝の気持ちで$10〜20、カメラマンへは撮影終了時に$10〜20をすると良いでしょう。袋にいれる必要はありませんが、事前に用意してスマートに渡すのがポイントです。また、教会関係の方(牧師さん、音楽奏者、介添人)へのチップは、逆に失礼にあたりますのでご注意を。挙式代金に謝礼が含まれています。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ