Q&A    その2

QandA    その2

QandA    その2

3, リーガルウェディングとは何でしょうか?

 

 

 

現地の民法に従い、地元のカップルと全く同様の方法で手続きを行う婚姻式のことで、婚姻の記録は結婚式を執り行った現地の役所に恒久的に保存され、日本の戸籍には『○○国方式により婚姻』という記録が残ります。リーガルウエディング以外は基本的に日本出発前に入籍を済ませることが前提です。また挙式会場によっては姻受理証明書が必要となる場合があります。

 

手づくりのお見合い結婚相談室世田谷すみれ会

 

4, 挙式前に入籍は済ませておくべきでしょうか?

 

 

 

挙式する式場によってその答えは異なってきます。基本的に教会でのブレッシングスタイル(前述 2)の場合は、日本の役所からの婚姻受理書が必要になります。リーガルウェディング(前述 3)の場合は、日本から戸籍謄本を持参し、現地で提出用書類を記入して結婚証明書をもらい、帰国後の入籍となります。人前式やパーティ形式のセレモニーの場合は、事前に入籍していなくても大丈夫です。

 

 

 

5, 国内に比べて、海外なら安くても素敵な挙式ができるのでしょうか?

 

目の前に海が広がるロケーション、歴史ある荘厳な教会、温かな牧師さんなど、海外はそのシチュエーションが魅力的です。国内挙式に比べて海外の場合が安いといわれるのは、莫大な費用のかかる披露宴がないからです。挙式そのものにかかる費用は国内と比較してもそれほど大きな差はなく、フォトツアーや帰国後の披露宴パーティーなどを考えると海外も国内もそれほど変わりません。考え方としては、何に重点を置いて結婚式をしたいかということです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ